[ad] 

scrapbookDescription

001SVCO
1.
MC{
S{
SUB
She
}
V{
Vs
feels
}
C{
Adj
blue
}
}
SC.M{
ConSUB
when
S2{
SUB
it
}
V2{
Vs
rains
}
}

2.
SC.M{
ConSUB
When
S2{
SUB
it
}
V2{
Vs
rains
}
}
,
MC{
S{
SUB
she
}
V{
Vs
feels
}
C{
Adj
blue
}
}
.

1. 彼女は、雨が降ると憂鬱になる。 [*1]
2. 彼女は、雨が降ると憂鬱になる。(修飾語を前に持ってきた例文)
★ 修飾語(従属接続詞節/副詞節)を導く 従属接続詞when の例文です。
日本語訳をする際の基本は、最初に主語、修飾語(副詞句/節)、最後に述語(句) の順番に訳を置いていきます。
修飾語(M){ ~ } は (直前の語句ではなく) 述語動詞(V){ ~ } を修飾します。
従属節(SC.M){ ~ } は 主節(MC){ ~ } を修飾します。
002SVOO
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
had
}
M{
Adv
hardly
}
V{
Vp
checked
}
M{
Pre
in
PreO{
Pre
at
PreO{
DET
the
N
hotel
}
}
}
}
SC.M{
ConSUB
when
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
called
}
O2{
OBJ
me
}
}
.

ホテルにチェックインするとすぐに、彼から電話がかかってきた。 [*1]
★ 修飾語(従属接続詞節/副詞節)を導く 従属接続詞when の例文です。
"hardly" + V1"when" + V2 は慣用句で「V1 するとすぐに V2 した」という意味です。
(参考: 英語喫茶 / hardly(scarcely) ~ when(before) 接続詞 )
003SVOO
MC{
S{
SUB
He
}
V{
Adv
always
Vs
speaks
}
M{
Pre
to
PreO{
OBJ
me
}
}
}
SC.M{
ConSUB
when
S2{
SUB
he
}
V2{
Vs
meets
}
O2{
OBJ
me
}
M2{
Pre
on
PreO{
DET
the
N
street
}
}
}
.

彼は通りで私に会うといつも話しかける。 [*1]
★ 修飾語(従属接続詞節/副詞節)を導く 従属接続詞when の例文です。

scrapbookEnglish

001SVCO
1. She feels blue when it rains
2. When it rains , she feels blue .
002SVOO
I had hardly checked in at the hotel when he called me .
003SVOO
He always speaks to me when he meets me on the street .

scrapbookJapanese

001SVCO
1. 彼女は、雨が降ると憂鬱になる。
2. 彼女は、雨が降ると憂鬱になる。(修飾語を前に持ってきた例文)
002SVOO
ホテルにチェックインするとすぐに、彼から電話がかかってきた。
003SVOO
彼は通りで私に会うといつも話しかける。

scrapbookDescription

001SVCO
1.
S{
ConSUB
That
S2{
SUB
he
}
V2{
Vs
is
}
Adj
alive
}
V{
Vs
is
}
C{
Adj
certain
}
.

2.
s{
SUB
It
}
V{
Vs
is
}
C{
Adj
certain
}
S{
ConSUB
( that )
S2{
SUB
he
}
V2{
Vs
is
}
Adj
alive
}
.

1. 彼が生きていることは確かだ。(主語が冗長になっているため普通は使われません) [*1]
2. 彼が生きていることは確かだ。(仮主語形式)
★ (平叙文と仮主語形式の) 主語(従属接続詞節/名詞節)を導く 従属接続詞that の例文です。
002SVCO
V{
Vs
Is
}
s{
SUB
it
}
C{
Adj
true
}
S{
ConSUB
( that )
S2{
SUB
he
}
V2{
A
has
Vpp
returned
}
M2{
Adv
home
}
}
?

彼が帰国したのは本当ですか? [*1]
★ (仮主語形式の) 主語(従属接続詞節/名詞節)を導く 従属接続詞that の例文です。
003SVCO
s{
SUB
It
}
V{
Vp
was
}
C{
Adj
beyond doubt
}
S{
ConSUB
( that )
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
was
}
C2{
Pre
in
PreO{
OBJ
error
}
}
}
.

彼が間違っていることについては疑問の余地はなかった。 [*1]
★ (仮主語形式の) 主語(従属接続詞節/名詞節)を導く 従属接続詞that の例文です。

scrapbookEnglish

001SVCO
1. That he is alive is certain .
2. It is certain he is alive .
002SVCO
Is it true he has returned home ?
003SVCO
It was beyond doubt he was in error .

補語を作る従属接続詞

scrapbookJapanese

001SVCO
1. 彼が生きていることは確かだ。(主語が冗長になっているため普通は使われません)
2. 彼が生きていることは確かだ。(仮主語形式)
002SVCO
彼が帰国したのは本当ですか?
003SVCO
彼が間違っていることについては疑問の余地はなかった。

補語を作る従属接続詞

05/12/2018scrapbookDescription

001SVOO
S{
App.SUB
We
App.N
Japanese
}
V{
Vpr
live
}
M{
Pre
on
PreO{
N
rice
}
}
.

我々日本人は米を主食にしている。 [*1]
"Japanese""We" の同格語です。
002SVOO
S{
App.SUB
John Steinbeck
}
,
App-Clause{
NP{
IND
a
N
writer
}
M2.AdjP{
Pre
from
PreO{ N }
California
}
,
V{
Vp
won
}
O{
DET
the
N
Nobel Prize
}
M.AdjP{
Pre
for
PreO{ N }
literature
}
}
.

カリフォルニア出身の作家、ジョン・スタインベックはノーベル文学賞を受賞した。 [*1]
★ 同格語をカンマで区切って挿入した例です。
"a writer from California""John Steinbeck" の同格語です。
003SVOO
S{
App{
POS
My
N
sister
}
App{
N
Jane
}
}
V{
Vs
is
}
O{
Adj
27
N
years
Adj
old
}
.

私の姉、ジェーンは 27 歳です。 [*2]
"Jane""My sister" の同格語です。

scrapbookEnglish

001SVOO
We Japanese live on rice .
002SVOO
John Steinbeck , a writer from California , won the Nobel Prize for literature .
003SVOO
My sister Jane is 27 years old .