[ad] 

scrapbookEnglish

001SVOO
1. A cat is eating some food .
3. 猫は 食べ物を 食べている 。

1. 他動詞 : V + O + C(=Vr) , C は原形不定詞

002SVOC
Let me try once more .
私に もう一度 させて ください 。
003SVOC
Let us go there , will you ?

scrapbookJapanese

001SVOO
猫は食べ物を食べている。

1. 他動詞 : V + O + C(=Vr) , C は原形不定詞

003SVOC
私たちに そこへ 行かせて ください ませんか ?

scrapbookDescription

001SXOO
1.
S{
Adj
All
NP{
DET
the
N
students
}
}
V{
Vpr
respect
}
O{
OBJ
him
}
.

2.
S{
SUB
He
}
V{
A
is
Vpp
respected
}
M{
Pre
by
PreO{
Adj
all
NP{
DET
the
N
students
}
}
}
.

3.
O{
SUB
He
}
V{
A
is
Vpp
respected
}
M{
Pre
by
PreO{
Adj
all
NP{
DET
the
N
students
}
}
}
.

すべての学生は彼を尊敬しています。(能動態)[*9]
彼は全ての学生から尊敬されています。(受動態)[*9]
彼は全ての学生から尊敬されています。(このサイトでの受動態の表記例)
★ 第三文型の能動態と受動態の例です。
例文  2. は英文法書で記載されている受動態の形で、第三文型の場合は常に第二文型となります。
例文  3. はこのサイトでの記載になります。単純に文型表示を両方とも SVO に出来るという理由でこのようにしています。
英語教室や学校での教える際には読み替えて使用されるようにして下さい。

(考察)
受動態の "by" ~ 等に元の主語が置かれます。この例文では 修飾語M{ ~ } としていますが、
受動態の場合は、もとが主語であることを分りやすくするために 主語S{ by ~ } とするべきかについては検討中のため、テスト的にどちらの記載も行っています。
002SVOC
1.
S{
SUB
They
}
V{
Vpr
call
}
O{
OBJ
me
}
C{
N
Ken
}
.

2.
O{
SUB
I
}
V{
A
am
Vpp
called
}
C{
N
Ken
}
M{
Pre
by
PreO{
OBJ
them
}
}
.

1. 彼らは私をケンと呼ぶ。[*1]
2. 私は彼らからケンと呼ばれている。(受動態)
★ 受動態で使われる 前置詞"by" +PreOPreOV をする動作の主体を表します。
O + V + C + "by" +PreO は「 OC であると PreO によって V された 」のようになります。
003SVOC
1.
S{
SUB
They
}
V{
Vpr
call
}
O{
DET
the
N
town
}
C{
N
Little Tokyo
}
.

2.
O{
DET
The
N
town
}
V{
A
is
Vpp
called
}
C{
N
Little Tokyo
}
M{
Pre
by
PreO{
OBJ
them
}
}
.

1. 人々はその町をリトル・トウキョウと呼んでいる。[*3]
2. その町は人々からリトル・トウキョウと呼ばれている。(受動態)

scrapbookEnglish

001SXOO
1. All the students respect him .
2. He is respected by all the students .
3. He is respected by all the students .
002SVOC
1. They call me Ken .
2. I am called Ken by them .
003SVOC
1. They call the town Little Tokyo .
2. The town is called Little Tokyo by them .

受動態の作り方

scrapbookJapanese

001SXOO
すべての学生は彼を尊敬しています。(能動態)
彼は全ての学生から尊敬されています。(受動態)
彼は全ての学生から尊敬されています。(このサイトでの受動態の表記例)
002SVOC
1. 彼らは私をケンと呼ぶ。
2. 私は彼らからケンと呼ばれている。(受動態)
003SVOC
1. 人々はその町をリトル・トウキョウと呼んでいる。
2. その町は人々からリトル・トウキョウと呼ばれている。(受動態)

受動態の作り方

scrapbookDescription

001SVCO
1.
MC{
SV{
SUB+A
You'd
Vr
be
}
C{
Adj
crazy
}
}
SC.M{
InfT{
TM
to
Vr
expect
}
InfO{
DET
that
N
kind
}
InfM.AdjP{
Pre
of
PreO{
N
thing
}
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
happen
}
}
}
.

2.
SC.M{
ConSUB
If
S{
SUB
you
}
V{
Vp
were
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
expect
}
InfO{
DET
that
N
kind
}
InfM.AdjP{
Pre
of
PreO{
N
thing
}
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
happen
}
}
}
}
,
MC{
SV{
SUB+A
You'd
Vr
be
}
C{
Adj
crazy
}
}
.

1. 2. そんなことが起こると期待するとは、君はどうかしているぞ。
002SVOO
1.
SC.M{
InfT{
TM
To
Vr
hear
}
InfO{
OBJ
him
}
InfC{
InfR{
Vr
talk
}
}
}
,
MC{
S{
SUB
you
}
V{
A
would
Vr
think
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
was
}
C2{
N
God Almighty
}
}
}
.

2.
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
you
}
V2{
Vp
heard
}
O2{
OBJ
him
}
C2{
InfR{
Vr
talk
}
}
}
,
MC{
S{
SUB
you
}
V{
A
would
Vr
think
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
was
}
C2{
N
God Almighty
}
}
}
.

1. 2. 彼の話を聞いていると、彼がまるで全能の神のように思えるだろう。
003SVCO
1.
S{
DET
The
Adj
same
N
man
}
,
SC.M{
Ving
living
VingM{
Pre
in
PreO{
DET
this
N
century
}
}
}
,
V{
A
would
Vr
be
}
C{
IND
a
N
hero
}
.

2.
S{
DET
The
Adj
same
N
man
}
,
SC.M{
ConCOO
if
S2{
SUB
he
}
V2{
A
were
Ving
living
}
M2{
Pre
in
PreO{
DET
this
N
century
}
}
}
,
V{
A
would
Vr
be
}
C{
IND
a
N
hero
}
.

1. 2. 同じ男が今世紀に生きていたら、英雄になっていただろう。

scrapbookEnglish

001SVCO
1. You'd be crazy to expect that kind of thing to happen .
2. If you were to expect that kind of thing to happen , You'd be crazy .
002SVOO
1. To hear him talk , you would think he was God Almighty .
2. If you heard him talk , you would think he was God Almighty .

§264-2 : if の代用 , (2) 分詞構文

003SVCO
1. The same man , living in this century , would be a hero .
2. The same man , if he were living in this century , would be a hero .

scrapbookJapanese

001SVCO
1. 2. そんなことが起こると期待するとは、君はどうかしているぞ。
002SVOO
1. 2. 彼の話を聞いていると、彼がまるで全能の神のように思えるだろう。

§264-2 : if の代用 , (2) 分詞構文

003SVCO
1. 2. 同じ男が今世紀に生きていたら、英雄になっていただろう。