[ad] 

scrapbookEnglish

001SVOO
Calm down .
002SVOO
Look out !
003SVOO
1. Wait a minute .
2. Wait a moment .

scrapbookJapanese

001SVOO
落ち着いて。(なだめ)
002SVOO
気をつけろ! (警告)
003SVOO
1. ちょっと待て。(指示・おもに米)
2. ちょっと待て。(指示・おもに英)

scrapbookDescription

001SVOO
1.
S{
SUB
She
}
V{
Vs
has
}
O{
IND
a
N
boyfriend
}
.

2.
S{
DET
The
N
boyfriend
}
V{
A
can
Vr
speak
}
O{
N
French
}
.

3.
S{
SUB
She
}
V{
Vs
has
}
O{
IND
a
N
boyfriend
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
A
can
Vr
speak
}
O2{
N
French
}
}
.

(p014)1. 彼女には、彼氏がいます。
2. 彼氏は、フランス語を話せます。
3. 彼女には、フランス語を話せる彼氏がいます。
002SVOO
1.
S{
SUB
We
}
V{
Vp
decided
}
O{
InfT{
TM
to
Vr
employ
}
InfO{
DET
the
N
woman
}
}
,
M.AdjP{
S2.ProREL
who
V2{
Vp
spoke
}
O2{
Adj
good
N
English
}
}
.

2.
MC{
S{
SUB
We
}
V{
Vp
decided
}
O{
InfT{
TM
to
Vr
employ
}
InfO{
DET
the
N
woman
}
}
}
,
SC.M{
ConSUB
since
S2{
SUB
she
}
V2{
Vp
spoke
}
O2{
Adj
good
N
English
}
}
.

(p016)1. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
2. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
003SVCO
S{
SUB
All
}
M.AdjC{
O2.ProREL
that
S2{
DET
the
N
people
}
M2.AdjP{
Pre
in
PreO{
N
Iraq
}
}
V2{
Vpr
want
}
O2{
ANTE
}
}
V{
Vs
is
}
C{
N
peace
ConCOO
and
N
security
}
.

(p017) イラクの人々が欲しているのは、ただ平和と安定だけだ。
イラクの人々が欲しい全てのものは平和と安定である(直訳)

scrapbookEnglish

001SVOO
1. She has a boyfriend .
2. The boyfriend can speak French .
3. She has a boyfriend who can speak French .
002SVOO
1. We decided to employ the woman , who spoke good English .
2. We decided to employ the woman , since she spoke good English .
003SVCO
All that the people in Iraq want is peace and security .

scrapbookJapanese

001SVOO
(p014) 1. 彼女には、彼氏がいます。
2. 彼氏は、フランス語を話せます。
3. 彼女には、フランス語を話せる彼氏がいます。
002SVOO
(p016) 1. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
2. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
003SVCO
(p017) イラクの人々が欲しているのは、ただ平和と安定だけだ。
イラクの人々が欲しい全てのものは平和と安定である(直訳)

05/12/2018scrapbookDescription

001SVOO
V{
Vpr
Sit
}
M{
Adv
there
}
.

そこに座りなさい。
002SVOO
1.
IS{
M.AdvINT
When
V{
A
will
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
go
}
M{
Adv
there
}
M{
(omit)
}
}
?

2.
S{
SUB
You
}
V{
A
will
Vr
go
}
M{
Adv
there
}
M{
Pre
at
PreO{
N
two
}
}
.

1. あなたは いつ そこへ行く つもり なのか?
2. 私は2時に其処に行く積もりです。
(考察) 例文 1.when が疑問代名詞でも関係代名詞でも関係副詞でも、ましてや従属接続詞でも無い理由は?
従属接続詞では無い理由として、"when" + SV の形にはなっていないことです。
ですが、間接疑問文は "when" + SV の形になります。ここでは、従属接続詞は「従節」を作る、つまり節が二つ無いのでこの例文の when は従属接続詞ではないという言い方も出来ると思います。
関係代名詞でも関係副詞でも無い理由は「先行詞が無いから」という一点に尽きます。そして、関係詞節は形容詞節を作り先行詞や主節を修飾しますし、あるいは同格節をつくり同格語の説明を追加したりしますが、こちらも修飾する相手か説明をする相手が必要になります。そしてこの例文ではそれらはありません。(以降省略)
(参考)
今日(2018/11/28)より、文型マーカーとして (IS){ ~ } を追加しました。
これで「疑問詞よって導かれる疑問文」という説明に準じた記載になります(どうして三年間もこれに気付かなかったのでしょう?)。
この例文の when が疑問代名詞ではなく、疑問副詞である理由として、例文 1. の一番最後の (omit) に注目して下さい。
疑問詞は、平叙文(肯定文)のときに書かれている 問い合わせたい語句 を疑問副詞に変えて先頭に移動します。
ここでは「時間」を問うわけですが、英語では時間を表す場合 at 時間 のように書き表します。
疑問副詞はこの前置詞 at を意味的に含んでいますが、疑問代名詞は前置を含みません。
例えば "When will you go there at?" という文であれば、この when は疑問代名詞ということになるわけです。
003SVOO
SV{
SUB+A
We'll
Vr
get
}
M{
Adv
there
}
M{
Pre
before
PreO{
N
dark
}
}
.

そこへは暗くなる前に着くでしょう。
★ この例文では、修飾語M{ ~ } がふたつ並んでいます(副詞と副詞句になります)。
修飾語は動詞(ここでは get) を修飾しますので、この例文では
(1) "get there" 「そこに着く」
(2) "get before dark" 「暗くなる前に着く」
という二つの文がひとつになっていると考えます。
日本語では 修飾語は被修飾語(ここでは述語動詞)の前にあれば どこに置いても良いことになっていますので、
(1)→(2) で「そこに暗くなる前に着く」でも
(2)→(1) で「暗くなる前にそこに着く」でもどちらの翻訳でも正解となります。
※ 同じ重みの 副詞や副詞節 が複数並んでいる場合は、このような手順で良さそうです。
慣用句や言い回しなどで、伴った節/副詞/形容詞等を決まった順番に解釈していかなくてはいけないパターンもあり、この場合はそれぞれのルールを覚える必要がありますので、こちらも注意してください。

scrapbookEnglish

001SVOO
Sit there .
002SVOO
1. When will you go there ?
2. You will go there at two .
003SVOO
We'll get there before dark .

scrapbookJapanese

001SVOO
そこに座りなさい。
002SVOO
1. あなたは いつ そこへ行く つもり なのか?
2. 私は2時に其処に行く積もりです。
003SVOO
そこへは暗くなる前に着くでしょう。