LCC SCOOT AIR 情報

明日、タイに行くための旅客機として、Scoot Air を予約しています。

スクートの料金表をWebで見てみると4・5ヶ月先のタイ便が片道 1万円、往復で2万円程度から予約が出来ることが理由です。
実際にはちょくちょくとセールタイムを実施しているようで、往復2万円というのもセールによるもののようです。とりあえず、ここでは 2018年1月頃と5月頃が安く買えたと記録しておきたいと思います。

さて、ANAやJALなどの正規便と比べて遅延が多いとも聞く LCC ですが、参考情報として面白いページがありましたので、ご紹介します。

LCC なので成田空港の到着便と出発便情報は以下からです。

成田空港到着便フライト情報

到着便は、空欄 → 「定刻/時刻変更/遅延/欠航」→ 「到着済み/欠航」のように表示されるようです。

成田空港出発便フライト情報

出発便は、空欄 →「定刻/時刻変更/出国手続き中/欠航」→「搭乗開始到/欠航」→ 「出発/欠航」のように表示される用です。

Scoot の場合は、出発時間に遅延がある時でも、出国手続きは当初の時間通りに行うそうなので、ご注意ください。

そして、ちょっと面白そうな Webサイトを見つけました。
フライトレーダー24 というサイトで、もともと航空機には、自機の位置を定期的に無線信号で発信する機能をもっているそうで、それを収集しリアルタイムで Web サイトで見れるようにしたそうです。



明日、私が乗る予定の Scoot 便は TR868 、そして帰国便は TR869 なのですが、この便名で検索すると上図のように、現在位置を表示してくれるようです。

また、連日の発着情報もリストになって表示されますので、運行状態の確認にも使えますね。




到着後は、空港をタキシングして、搭乗ハッチに繋がったところで、マップから消えました。


IOS 版は以下のリンクからどうぞ。
Get it on AppStore


発音の勉強には以下の三冊がお勧めです。
■『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』
発音記号に沿って説明しています。付属の DVD がとてもわかりやすいです。
■『英語口の体操―発音記号のエクササイズ (CDブック)』
英語の発音は日本語とは全く違っています。そもそも口の形や舌の位置など日本語では全く使わない筋肉をつかうような感じです。まずは何が自分に出来ないのかを知るためにもお勧めの一冊です。
■『英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる』
エクササイズと同じように発音学習の本なのですが、こちらでは、音楽CD がついていて繰り返し練習しやすいように工夫されています。同じ英文をただ繰り返すのが苦手な人はぜひこちらを手に取ってください!

広告