B-07 : potentiality of relatives

Description

「関係詞の底力」

文型・品詞マーカーの表示チェックを兼ねて一般書籍「関係詞の底力」から最初の章の英文を参考に当サイトの記事にしてみました。
当サイトでは文型と品詞種別の表示が主目的です。
英文自体の解説は参考元書籍をご覧ください。

参考元書籍 : 関係詞の底力
 
 
このサイトの読み方については「始めに」をご覧ください。
暗記のチェック用に英文のみのページと日本語訳のみのページ、
発声練習用に発音記号付きページがありますので、こちらもどうぞ
(発音付きページの英単語はツールチップで簡単な説明も見れます)
 
001SVOO
1.
S{
SUB
She
}
V{
Vs
has
}
O{
IND
a
N
boyfriend
}
.

2.
S{
DET
The
N
boyfriend
}
V{
A
can
Vr
speak
}
O{
N
French
}
.

3.
S{
SUB
She
}
V{
Vs
has
}
O{
IND
a
N
boyfriend
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
A
can
Vr
speak
}
O2{
N
French
}
}
.

(p014)1. 彼女には、彼氏がいます。
2. 彼氏は、フランス語を話せます。
3. 彼女には、フランス語を話せる彼氏がいます。
002SVOO
1.
S{
SUB
We
}
V{
Vp
decided
}
O{
InfT{
TM
to
Vr
employ
}
InfO{
DET
the
N
woman
}
}
,
M.AdjP{
S2.ProREL
who
V2{
Vp
spoke
}
O2{
Adj
good
N
English
}
}
.

2.
MC{
S{
SUB
We
}
V{
Vp
decided
}
O{
InfT{
TM
to
Vr
employ
}
InfO{
DET
the
N
woman
}
}
}
,
SC.M{
ConSUB
since
S2{
SUB
she
}
V2{
Vp
spoke
}
O2{
Adj
good
N
English
}
}
.

(p016)1. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
2. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
003SVCO
S{
SUB
All
}
M.AdjC{
O2.ProREL
that
S2{
DET
the
N
people
}
M2.AdjP{
Pre
in
PreO{
N
Iraq
}
}
V2{
Vpr
want
}
O2{
ANTE
}
}
V{
Vs
is
}
C{
N
peace
ConCOO
and
N
security
}
.

(p017) イラクの人々が欲しているのは、ただ平和と安定だけだ。
イラクの人々が欲しい全てのものは平和と安定である(直訳)
004SVCO
S{
AdjREL
What
N
all
S2{
DET
the
N
people
}
M2.AdjP{
Pre
in
PreO{
N
Iraq
}
}
V2{
Vpr
want
}
O2{
ANTE
}
}
V{
Vs
is
}
C{
N
peace
ConCOO
and
N
security
}
.

(p018) 全てのイラクの人々が欲しているのは、平和と安定だ。
“what” は関係形容詞。
関係詞のひとつなので先行詞が必須ですが、“what”の先行詞は省略できるため、英文に出てきていません。
005SVOO
V{
Vpr
Do
}
O{
S2{
O3.ProREL
what
S3{
SUB
you
}
V3{
Vpr
believe
}
O3{
(omit)
}
}
V2{
Vs
is
}
C2{
IJT
right
}
}
.

(p018) 正しいとあなたが思うことをしなさい。
★ 主語として機能するwhat節をもつ文で 疑似分裂文(pseud-cleft sentences)というものだとのこと。
006SXOO
NP{
IND
A
N
book
}
M.AdjP{
O2.ProREL
which
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
read
}
M2{
Adv
yesterday
}
}
.

(p020) 私が昨日読んだ本。
★ (主語述語動詞がないので非文です)
007SVOO
M{
Adv
According
Pre
to
PreO{
Adj
many
N
teachers
}
}
,
S{
N
cheating
}
M.AdjP{
Pre
in
PreO{
Adj
U.S.
N
colleges
ConCOO
and
N
high schools
}
}
V{
A
has
Vpp
reached
}
O{
IND
a
N
scale
}
M.AdjC{
O2.ProREL
that
V2{
A
has
Adv
never
Adv
before
A
been
Vpp
seen
}
}
.

(p020) 多くの教師によれば、米国の大学、高校での不正行為はかつてないほどの規模になっているという。
★ 慣用句(前置詞句)“according to” + PreO は「PreOによれば、PreOの言う(示す)ところに従えば、PreOに従って、PreO通りに、PreOに応じて(比例して)」などの意味です。
名詞“cheating” はここでは「カンニング」の意味です。
008SVOO
S{
DET
These
N
students
}
V{
A
have
Adv
already
Vpp
adopted
}
O{
IND
a
N
mentality
}
M.AdjP{
S2.ProREL
that
V2{
Vs
approves
}
M2{
Pre
of
PreO{
Ving
doing
VingO{
N
anything
}
}
}
M2.AdjC{
S3.ProREL
that
V3{
A
will
Vr
help
}
O3{
OBJ
them
}
C3{
InfR{
Vr
succeed
}
InfM{
Pre
in
PreO{
N
business
}
}
}
}
,
M2{
Pre
regardless of
PreO{
POS
its
Adj
questionable
N
morality
}
}
}
.

(p020) こうした学生連中は自分がビジネスで成功するのに役立つものは、道徳的に問題があろうが何をやってもかまわないという精神性をすでに見につけているのである。
★ ここでは “help” + O + C としていますが、“help” + O + Vr / “help” + O + “to” + Vr とする場合もあるとのことです。
009SVOO
1.
s{
F-SUB
There
}
V{
Vpr
are
}
S{
DET.AdjP{
IND
a
N
lot
Pre
of
}
OBJ
people
}
.

2.
S{
SUB
They
}
V{
Vpr
object
}
M{
Pre
to
PreO{
DET
the
N
plan
}
}
.

3.
s{
F-SUB
There
}
V{
Vpr
are
}
S{
DET.AdjP{
IND
a
N
lot
Pre
of
}
OBJ
people
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
Vpr
object
}
M2{
Pre
to
PreO{
DET
the
N
plan
}
}
}
.

(p022)1. 人々は大勢いる。
2. 彼らはその計画に反対している。
3. その計画に反対している人が大勢いる。
“a lot of” は慣用句(形容詞句)で「たくさんの~、多数の~、多量の~、大勢の~」などの意味です。
010SVCO
1.
S{
DET
The
N
woman
}
V{
Vp
turned
Adv
out
}
MA{
InfT{
TM
to
Vr
be
}
InfC{
POS
Tom’s
N
mother
}
}
.

2.
S{
DET
The
N
woman
}
V{
Vpr
spoke
}
M{
Pre
to
PreO{
OBJ
me
}
}
M{
Pre
in
PreO{
DET
the
N
street yesterday
}
}
.

3.
S{
DET
The
N
woman
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
Vpr
spoke
}
M2{
Pre
to
PreO{
OBJ
me
}
}
M2{
Pre
in
PreO{
DET
the
N
street yesterday
}
}
}
V{
Vp
turned
Adv
out
}
MA{
InfT{
TM
to
Vr
be
}
InfC{
POS
Tom’s
N
mother
}
}
.

(p022)1. その女性はトムのお母さんだった。
2. 昨日通りで私に話しかけてきた女性。
3. 昨日通りで私に話しかけてきた女性はトムのお母さんだった。
★ 慣用句“turned out to be” + InfC は 「(物事が結局)InfCであることがわかる、InfCだと判明する、(結局)InfCとなる」などの意味です。
011SVCO
S{
DET
The
N
leader
}
M.AdjP{
S2.ProREL
who
V2{
Vs
demands
}
O2{
ConSUB
that
S3{
ProIND
everybody
}
V3{
Vpr
be
}
C3{
DET
the
ProIND
same
}
}
}
V{
Vs
is
}
C{
AdvP{
ProIND
nothing
ConCOO
but
}
IND
a
N
dictator
}
.

(p023) 全員が同じであることを要求する指導者はただの独裁者である。
★ 副詞句“nothing but” ~ は「ただ ~ だけ」などの意味です。
“demand”that節を目的語に取れる動詞です。
012SVOO
S{
DET
The
N
discoveries
}
M.AdjC{
O2.ProREL
(which)
S2{
SUB
we
}
V2{
A
shall
Vr
make
}
O2{
ANTE
}
M2{
Pre
on
PreO{
POS
our
Adj
neighboring
N
planets
}
}
App-Clause{
V{
A
will
Vr
revolutionize
}
O{
POS
our
N
knowledge
}
M.AdjP{
Pre
of
PreO{
DET
the
N
Universe
}
}
}
}
,
App-Clause{
ConCOO
and
V3{
Adv
probably
Vpr
transform
}
O3{
Adj
human
N
society
}
}
.

(p024) 近くの惑星において我々が行うであろう数々の発見は宇宙に関する我々の知識を劇的に変え、恐らくは人間社会を変えるであろう。
013SVCO
S{
ANTE{
DET
The
Adj
first
N
thing
}
}
M.AdjC{
O2.ProREL-WT
S2{
IND
an
Adj
average
Adj
college
N
student
}
V2{
Vs
thinks
Pre
of
}
O2{
ANTE
}
M2{
ConSUB
when
Ving
considering
VingO{
POS
his
Adj
college
N
goals
}
}
}

  
V{
Vs
is
}
C{
ANTE{
DET
the
N
money
}
}
M.AdjC{
InfO.ProREL-WT
S3{
SUB
he
}
V3{
Vs
hopes
}
O3{
InfT{
TM
to
Vr
make
}
InfO{
ANTE
}
}
M3.AdjP{
Pre
by
PreO{
Adv
simply
App{
Adj
attending
N
college
}
ConCOO
and
App{
Adj
receiving
IND
a
N
degree
}
}
}
}
.

(p025) 平均的大学生が大学での目標を考える際に最初に考えることは、ただ大学に通い学位を取得することにより稼げることを望む金額だ。
★ 慣用句(他動詞句)“think of” + O は「Oを考えつく、Oを思いつく、Oしようかと考える」などの意味です。
014SVCO
IS{
C.ProINT
Who
V{
Vs
is
}
S{
DET
that
N
girl
}
}
?

(p027) あの子は誰?
IS{ ~ } は疑問詞が導く疑問文を示します。
015SVCO
S{
SUB
She
}
V{
Vs
is
}
C{
ANTE{
IND
a
N
girl
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
Vp
won
}
O2{
DET
the
Adj
piano
N
competition
}
}
}
.

(p027) 彼女は例のピアノコンクールで優勝した女の子だよ。
M.AdjC{ ~ } は関係代名詞が導く修飾語(関係詞節/形容詞節)を示します。
ANTE は先行詞を示し、関係詞節内にあるときは関係詞に取って変わった元の語の位置を示します。
修飾語(関係詞節/形容詞節)“who won the piano competition” は先行詞“a girl” を修飾(説明)しています。
016SVOO
S{
SUB
He
}
V{
A
does not
Vr
know
}
O{
PreO.ProINT
what
S2{
SUB
it
}
V2{
Vs
is
}
C2{
Pre
like
PreO{
(omit)
}
}
M2.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
be
}
InfC{
Adj
poor
}
}
}
.

(p160) 彼は、貧乏とはどういうものかを知らない
ProINT は疑問代名詞を示しています。
PreO.ProINT は 疑問代名詞が前置詞の目的語から来ていることを示します。
(omit) はその語句が疑問代名詞に入れ替わったために無くなったことを示します。
InfC{ ~ }to不定詞“to be” の意味上の補語を示しています。
修飾語(to不定詞句/形容詞句)“to be poor”「貧乏になること」は (omit) の位置にあるべき語、つまり 疑問代名詞what を修飾しています。
017SVOO
1.
S{
SUB
I
}
V{
A
don’t
Vr
remember
}
O{
O2.ProINT
what
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
said
}
}
.

2.
S{
SUB
I
}
V{
A
don’t
Vr
remember
}
O{
O2.ProREL
what
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
said
}
}
.

(p160)1. 彼が何を言ったか覚えていません。(what は疑問代名詞)
2. 彼が言ったことを覚えていません。(what は関係代名詞・先行詞は常に省略されます)
018SVOO
M{
Adv
Now
}
,
s{
F-SUB
there
}
V{
Vpr
are
}
S{
 ANTE{ N } 
some
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
Vpr
suggest
}
O2{
ConSUB
that
S3{
POS
our
N
system
}
V3{
A
cannot
Vr
tolerate
}
O3{
Adv
too
Adj
many
Adj
big
N
plans
}
}
}
.

(p161) さて、我々の体制ではあまりにも多くの大計画に耐えられないではないかという人もいる。
019SVOO
S{
SUB
They
}
V{
A
have
Vpp
forgotten
}
IIS.O{
O2.ProINT
what
S2{
DET
this
N
country
}
V2{
A
has
Adv
already
Vpp
done
}
O2{
(omit)
}
}
;

  
IIS.O{
O3.ProINT
what
S3{
Adj
free
N
men
ConCOO
and
N
women
}
V3{
A
can
Vr
achieve
}
O3{
(omit)
}

  
M3{
ConSUB
when
O4{
OBJ
imagination
}
V4{
A
is
Vpp
joined
}
M4{
Pre
to
PreO{
Adj
common
N
purpose
}
}
}
}
,

(p161) そういう人はこの国が成し遂げてきたこと(何を成し遂げてきたか)、
および、想像力が共通の目的と、そして必要が勇気とそれぞれ結びついたとき、
自由な男女が達成できること(何を達成できるか)を忘れている。
IIS{ ~ } は間接疑問節 を示します。
セミコロンが使われているので、二つの 間接疑問節は両方とも “have forgotten” の目的語です。
( 第四文型SVOO ではありません )
一つ目の 疑問代名詞“what” は関係代名詞“what” と入れ替えても、同じ意味として成り立つとのことです。
020SVOO
MC{
S{
SUB
You
}
V{
A
can
Adv
hardly
Vr
imagine
}
O{
O2{
AdvINT
what
N
difficulties
}
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
went
Adv
through
}
O2{
(omit)
}
}
}
SC.M{
ConSUB
while
S3{
SUB
I
}
V3{
Vp
was
}
M3{
Pre
in
PreO{
N
Paris
}
}
}
.

(p162) 僕がパリにいたころどんな苦労を味わったか、君には想像できまい。
 
 



発音の勉強には以下の三冊がお勧めです。
■『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』
発音記号に沿って説明しています。付属の DVD がとてもわかりやすいです。
■『英語口の体操―発音記号のエクササイズ (CDブック)』
英語の発音は日本語とは全く違っています。そもそも口の形や舌の位置など日本語では全く使わない筋肉をつかうような感じです。まずは何が自分に出来ないのかを知るためにもお勧めの一冊です。
■『英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる』
エクササイズと同じように発音学習の本なのですが、こちらでは、音楽CD がついていて繰り返し練習しやすいように工夫されています。同じ英文をただ繰り返すのが苦手な人はぜひこちらを手に取ってください!

広告