B-08 : Imperative Mood

04/12/2018Description

「命令法・ロイヤル英文法より」

動詞の形には、直説法・命令法・仮定法の3つがある。
(1) 直説法:事実として話しているときの形。
(2) 命令法:希望・要求・提案として話すときの形
(3) 仮定法:想像や過程・願望などとして話すときの形

ここでは命令法(第15章/第一節)の例文をとりあげます。
このサイトは文型・品詞表示に特化しています。英文自体の解説は参考元書籍をご覧ください。
(注意:文型・品詞表示は当サイト独自のもので、正確でない場合もある点はご留意ください)

参考元書籍 : ロイヤル英文法―徹底例解
 
 
このサイトの読み方については「始めに」をご覧ください。
暗記のチェック用に英文のみのページと日本語訳のみのページ、
発声練習用に発音記号付きページがありますので、こちらもどうぞ
(発音付きページの英単語はツールチップで簡単な説明も見れます)
 
話し手の希望・提案・要求などを述べるときの形を命令法と呼ぶ。
一般的に主語の you は省略され、動詞の形は原型となる・・・、
いままでこのサイトでは命令文は「現在形Vpr」としていました。
今日の分から「原形Vr」で記載していきますので、誤記載で覚えてしまった方も、素通りされた方も、訂正していただくようお願いします。

(注:このページは、全く新しい語学表記手法の新技術模索・評価用として公開しています)
 

§253-1-1 : 2人称に対する命令 , (1) 肯定の命令

001SVOO
V{
Vr
Calm
Adv
down
}
.

落ち着いて。(なだめ)
★ 自動詞句“calm down” は「(人・動物・風・騒ぎなどが)静まる、静かになる」などの意味です。
002SVOO
V{
Vr
Look
Adv
out !
}

気をつけろ! (警告)
★ 自動詞句“look out” は「外を見る。(普通は命令文で、危険・間違いなどに)気をつける、注意する」などの意味です。
003SVOO
1.
V{
Vr
Wait
}
M{
IND
a
N
minute
}
.

2.
V{
Vr
Wait
}
M{
IND
a
N
moment
}
.

1. ちょっと待て。(指示・おもに米)
2. ちょっと待て。(指示・おもに英)
004SVCO
V{
Vr
Be
}
C{
Adj
nice
}
M.AdjP{
Pre
to
PreO{
DET
the
N
dog
}
}
,
M{
N
Robin .
}

犬に優しくしなさい、ロビン。
005SVCO
1.
V{
Vr
Be
}
C{
Adj
quiet
}
.

2.
S{
SUB
You
}
V{
Vr
be
}
C{
Adj
quiet
}
.

3.
S{
SUB
You
}
V{
Vpr
are
}
C{
Adj
quiet
}
.

1. 静かにしなさい。(be動詞の命令法の形)
2. あなたは静かにしなさい。(be動詞の命令法で主語を省略しない形)
3. あたはおとなしいのね。(直説法の場合)
006SVOO
V{
Vr
Save
}
O{
Adj
98
N
cents
}
M.AdjP{
Pre
on
PreO{
N
two
}
}
.

2つお買い上げになると98セントのお徳です。(広告)
007SVOO
V{
Vr
Keep
}
O{
DET
the
N
change
}
.

おつりはいいよ。(申し出・相手の利益になるときは please をつけない)
008SVOO
M{
Adv
Please
}
V{
Vr
forward
}
O{
ProDEM
this
}
M{
Pre
to
PreO{
DET
the
Adj
appropriate
N
person
}
}
.

これをしかるべき担当者に転送してください。(依頼)
009SVOO
Q.
M{
Adv
Please
}
V{
Vr
remember
}
O{
OBJ
me
}
M{
Pre
to
PreO{
N
Mr . Smith
}
}

A.
SV{
SUB+A
I’ll
Vr
be
}
C{
Adj
sure
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
do
}
InfO{
ProDEM
that
}
}
.

Q. スミスさんによろしくお伝えください。(挨拶)
A. 確かに。
010SVOO
1.
V{
A
Do
Vr
take
}
O{
OBJ
some
}
.

2.
V{
Vpr
Thank
}
O{
OBJ
you
}
.
S{
SUB
I
}
V{
A
will
}
.

1. ぜひ少し取りなさい。(勧誘)
2. ありがとう。
011SXOO
1.
N
Attention,
Adv
please!

2.
Adj
No
N
smoking.

3.
N
Hands
Adv
off!

1. 皆様、お聞きください。(指示)
2. 禁煙(掲示)
3. さわるな!(掲示)
★ いずれも、動詞を用いない命令
 

§253-1-2 : 2人称に対する命令 , (2) 否定の命令

012SVOO
V{
A
Don’t
Vr
make
}
O{
IND
a
N
fool
}
M.AdjP{
Pre
of
PreO{
ProREF
yourself
}
}
.

馬鹿な真似をして人に笑われるな。(警告)
013SVCO
V{
A
Don’t
Vr
be
}
C{
Adv
so
Adj
pessimistic
}
,
M{
Adv
OK
}
?

そんなに悲観するなよ。(激励)
be動詞の場合にも、don’t が使われることに注意。
014SVOO
1.
S{
SUB
I
}
V{
A
don’t
Vr
think
}
O{
ConSUB-T
S{
SUB
I
}
V{
A
can
Vr
pass
}
O{
DET
that
N
exam .
}
}

2.
V{
Adv
Never
Vr
say
}
O{
InfR{
Vr
die
}
}
!

1. 試験に受からないと思うな。
2. 弱音を吐くな。(激励)
 

§253-1-3 : 2人称に対する命令 , (3) 命令文の主語の you が表現される場合

015SXOO
V{
Vr
Come
Adv
on
}
!
S{
SUB
You
}
App{
V{
Vr
open
Adv
up
}
}
ConCOO
and
App{
V{
Vr
tell
}
O{
OBJ
me
}
C{
ProDEM
everything
}
}
.

さぁ、隠さずに何もかも話してごらん。(特別なアクセント指定有り)
★ 自動詞句“open up” は「遠慮なく話す、ざっくばらんにしゃべる」などの意味です。
016SVCO
V{
A
Don’t
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
be
}
C{
Adv
so
Adj
sure
}
M.AdjP{
Pre
of
PreO{
ProREF
yourself
}
}
!

あんまり自信過剰になるなよ。(警告)
017SVOO
V{
Adv
Never
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
mind
}
!

気にするな。よけいなお世話だ。(拒否)
018SVOO
S{
SUB
You
}
V{
Vr
name
}
O{
DET
the
N
day
}
.

あなたが曜日を決めて下さい。(指示)
019SXOO
S{
SUB
You
}
V{
Vr
make
}
O{
N
coffee
}
,
M{
N
Lucy
}
,
ConCOO
and
M{
N
Susan
}
,
S{
SUB
you
}
App{
V{
Vr
go
}
}
ConCOO
and
App{
V{
Vr
get
}
O{
DET
some
N
bread
}
}
.

ルーシー、あなたはコーヒーを入れて、スーザーんあなたはパンを買ってきて。
020SVOO
1.
V{
Vr
Mind
}
S{
SUB
you
}
.

2.
V{
Vr
Mark
}
S{
SUB
you
}
.

3.
V{
Vr
Look
}
S{
SUB
you
}
.

1. 2. 3. いいね
★ 主語である “you” が動詞の後に置かれているのは古い英語の名残です。
 

§253-1-4 : 2人称に対する命令 , (4) you 以外の主語が表現される場合

021SXOO
App{
S{
ProIND
Everybody
}
V{
Vr
sit
Adv
down
}
}
ConCOO
and
App{
VO{
Vr+OBJ
let’s
}
V{
Vr
have
}
O{
IND
a
N
drink
}
}
.

みんな座って、一杯やろう。
022SXOO
S{
ProIND
Someone
}
App{
V{
Vr
go
}
}
ConCOO
and
App{
V{
Vr
see
}
O{
C2.ProINT
who
S2{
SUB
it
}
V2{
Vs
is
}
}
}
.

誰か行って、誰が来たか見てらっしゃい。(指図)
023SVOO
S{
DET
The
N
boy
}
M.AdjP{
Pre
in
PreO{
DET
the
N
corner
}
}
V{
Vr
come
}
M{
Adv
here
}
.

その隅にいる男の子はこっちに来なさい。
024SVOO
V{
A
Don’t
}
S{
ProIND
anybody
}
V{
Vr
get
Adv
out
}
M{
Pre
of
PreO{
Adv
here
}
}
.

誰もここから出るんじゃないぞ。
★ 自動詞句“get out” は「(外に)出る、(車から)降りる、(秘密などが)漏れる、知れ渡る、(組織などから)抜け出す(of)」などの意味です。
025SXOO
1.
V{
Vr
Be
}
C{
Adj
Quiet
}
!

2.
C{
Adj
Quiet
}
!

3.
V{
A
Don’t
Vr
be
}
C{
Adj
noisy
}
!

4.
V{
A
Don’t
Vr
make
}
O{
IND
a
N
noise
}
.

5.
M{
ProIND
Everybody
}
,
V{
Vr
settle
Adv
down
}
!

6.
V{
Vr
Excuse
}
O{
OBJ
me
}
.

7.
M{
IJT
Silence
}
!

1. ~ 7.「静かに!」
★ 自動詞句“settle down” は「平静になる、(騒ぎなどが)収まる、身を固める、定住する、腰を下ろす、落ち着く、ゆっくりくつろぐ」などの意味です。
感嘆詞“silence” は「(法廷などで)静粛に!」などの意味です。
 

§253-2-1 : 間接命令 , (1) 1人称に対する命令

026SVOC
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
me
}
C{
InfR{
Vr
help
}
InfO{
OBJ
you
}
}
.

V2{
Vpr
Thank
}
O2{
OBJ
you
}
.
M3{
Adv
Please
}
V3{
A
do
}
.

手伝わせてください。
ありがとう、お願いします。
027SVOC
M{
Adv
Please
}
V{
Vr
let
}
O{
OBJ
us
}
C{
InfR{
Vr
know
}
InfO{
M2.AdvINT
when
S2{
SUB
you
}
V2{
A
are
Ving
arriving
}
M2{
at+omit
}
}
}
.

ご到着の時間を私どもにお知らせください。
★ この場合の let us の発音は特殊。(解説は参考文献を参照のこと)
M2{ at + omit } は 疑問詞when に取って代わられる前の語句があった位置を示します。
(疑問詞whenは意味的に前置詞を含めることができます)
 

§253-2-2 : 間接命令 , (2) 3人称に対する命令

028SVOC
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
her
}
C{
InfR{
Vr
do
}
InfO{
O2.ProREL
what
S2{
SUB
she
}
V2{
Vs
likes
}
O2{
ANTE
}
}
}
.

彼女の好きなようにさせなさい。
029SVOC
V{
Vr
Let
}
O{
DET
every
N
man
}
C{
InfR{
Vr
do
}
InfO{
POS
his
N
best
}
}
.

各自最善を尽くすように。
030SVOC
V{
A
Don’t
Vr
let
}
O{
OBJ
them
}
C{
InfR{
Vr
take
}
InfO{
N
advantage
}
InfM.AdjP{
Pre
of
PreO{
OBJ
you
}
}
}
.

彼らに付け入られないように。
031SVOC
1.
V{
Vr
Let
}
O{
DET
the
Adj
two
N
lines
}
C{
InfR{
Vr
be
}
InfC{
Adj
parallel
}
}
.

2.
V{
Vr
Let
}
O{
Adj
young
N
people
}
C{
InfR{
Vr
keep
Adv
away
}
InfM{
Pre
from
PreO{
OBJ
alcohol
}
}
}
.

3.
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
him
}
C{
InfR{
Vr
say
}
InfO{
O2.ProINT
what
S2{
SUB
he
}
V2{
Vs
likes
}
}
}
,
S3{
SUB
I
}
V3{
Adv
still
Vr
believe
}
M3{
Pre
in
PreO{
OBJ
democracy
}
}
.

1. 二つの線は平行であると仮定しよう。(仮定)
2. 若い人たちを飲酒から遠ざけるべきだ。(忠告)
3. 彼らが何と言おうとも、私は民主主義はいいと思う。(譲歩)
★ 「let の種々の用法」より。(解説は参考文献を参照のこと)
自動詞句“keep away” は「近づかない」などの意味です。
 

§253-2-3 : 間接命令 , (3) let を含む慣用表現

032SVOC
1.
VO{
Vr+OBJ
Let’s
}
C{
InfR{
Vr
go
}
InfM{
Pre
for
PreO{
IND
a
N
drive
}
}
}
.

2.
M{
Adv
Yes
}
,
VO{
Vr+OBJ
let’s
}
.

1. ドライブに行こう。(勧誘)
2. うん、行こう。
033SVOC
VO{
Vr+OBJ
Let’s
}
C{
InfR{
Vr
take
}
InfO{
IND
a
N
break
}
}
,
V{
A
shall
}
S{
SUB
we
}
?

ひと休みしようか。
034SVOC
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
us
}
C{
InfR{
Vr
discuss
}
O{
DET
this
N
matter
}
}
.

この件を審議しよう。
★ この場合の let us の発音は特殊。(解説は参考文献を参照のこと)
035SVOC
1.
VO{
Vr+OBJ
Let’s
}
C{
InfR{
Adv
not
Vr
worry
}
}
.

2.
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
us
}
C{
InfR{
Adv
not
Vr
worry
}
}
.

3.
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
us
}
C{
InfR{
A
don’t
Vr
worry
}
}
.

4.
VO{
A
Don’t
Vr+OBJ
let’s
}
C{
InfR{
Vr
worry
}
}
.

1. くよくよするのはよそう。
2. くよくよするのはよそう。
3. くよくよするのはよそう。(米口語調)
4. くよくよするのはよそう。(主に米)
036SVOC
V{
Vr
Let
}
O{
OBJ
us
}
C{
InfR{
Vr
pray
}
}
.

お祈りをいたしましょう。
037SVOC
MC{
S{
SUB
She
}
V{
A
can’t
Vr
ride
}
O{
IND
a
N
bicycle
}
}
,
SC.M{
ConAdv{
Vr
let
Adv
alone
}
NP{
IND
a
N
motorbike
}
}
.

彼女は自転車にも乗れないから、ましてやバイクは無理だ。
★ 慣用語~ “let alone” … は「~、ましてや…(でない)」などの意味です(品詞は接続詞・前置詞的・その他諸説あるとのこと)。
038SVOC
VO{
Vr+OBJ
Let’s
}
C{
InfR{
Vr
see
}
}
IS{
C2.ProINT
What
V2{
Vp
was
}
S2{
DET
the
POS
man’s
N
name
}
}
?

ええっと、その男の名前はなんといったかな? (つなぎ)
 
 



発音の勉強には以下の三冊がお勧めです。
■『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』
発音記号に沿って説明しています。付属の DVD がとてもわかりやすいです。
■『英語口の体操―発音記号のエクササイズ (CDブック)』
英語の発音は日本語とは全く違っています。そもそも口の形や舌の位置など日本語では全く使わない筋肉をつかうような感じです。まずは何が自分に出来ないのかを知るためにもお勧めの一冊です。
■『英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる』
エクササイズと同じように発音学習の本なのですが、こちらでは、音楽CD がついていて繰り返し練習しやすいように工夫されています。同じ英文をただ繰り返すのが苦手な人はぜひこちらを手に取ってください!

広告