B-09 : Indicative and Subjunctive Mood

05/12/2018Description

「直説法と仮定法・ロイヤル英文法より」

動詞の形には、直説法・命令法・仮定法の3つがある。
(1) 直説法:事実として話しているときの形。
(2) 命令法:希望・要求・提案として話すときの形
(3) 仮定法:想像や過程・願望などとして話すときの形

ここでは直説法と仮定法(第15章/第一節)の例文をとりあげます。
このサイトは文型・品詞表示に特化しています。英文自体の解説は参考元書籍をご覧ください。
(注意:文型・品詞表示は当サイト独自のもので、正確でない場合もある点はご留意ください)

参考元書籍 : ロイヤル英文法―徹底例解
 
 
このサイトの読み方については「始めに」をご覧ください。
暗記のチェック用に英文のみのページと日本語訳のみのページ、
発声練習用に発音記号付きページがありますので、こちらもどうぞ
(発音付きページの英単語はツールチップで簡単な説明も見れます)
 
あることを事実として述べるときの動詞の形を直説法という。
直説法の動詞は、仮定法・命令法の動詞と異なり、主語の人称・数・時制によって決まっている場合が多い。

あることを仮定のこととして述べるときの動詞の形を仮定法という。

(注:このページは、語学表記手法の新技術の模索及び評価用として作成・公開しています)
 

§254-1 : 直説法

001SVOO
S{
SUB
I
}
V{
A
can’t
Vr
sleep
}
M{
ConSUB
because
S2{
POS
my
Adj
next-door
POS
neighbor’s
N
TV
}
V2{
Vs
is
}
C2{
Adv
so
Adj
loud
}
}
.

隣りの家(集合住宅等の)のテレビの音が大きくて、眠れないんだ。
002SVOO
MC{
S{
POS
My
N
mother
}
V{
Vp
called
}
O{
OBJ
me
}
}
,
SC.M{
ConSUB
so
S2{
SUB
I
}
V2{
A
did not
Vr
oversleep
}
}
.

母が起こしてくれたので、寝坊しなかった。
003SVCO
1.
V{
A
Will
}
S{
N
two
Adv
o’clock
}
V{
Vr
be
}
C{
Adj
all
N
right
}
?

2.
S{
SUB
Two
}
V{
A
will
Vr
be
}
C{
Adj
just
N
fine
}
M.AdjP{
Pre
with
PreO{
O{
OBJ
me
}
}
}
.

1. 2時なら大丈夫でしょうか?
2. 2時ならちょうど好都合です。(約束)
004SVCO
C{
AdjINT
What
NP{
IND
a
N
man
}
}
S{
SUB
you
}
V{
Vpr
are
}
!

なんという人だ、君は。(非難)
 

§254-2 : 仮定法

005SVOO
S{
SUB
I
}
V{
Vpr
suggest
}
O{
ConSUB
that
O2{
DET
the
N
game
}
V2{
A
be
Vpp
called
}
}
.

試合の中止を提案します。(仮定法現在)
006SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S{
POS
my
Adj
next-door
POS
neighbor’s
N
TV
}
V{
Vp
were not
}
C{
Adv
so
Adj
loud
}
}
,
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
could
Vr
sleep
}
}
.

もし隣りの家のテレビの音があんなに大きくなかったら、眠れるのに。(仮定法過去)
007SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S{
POS
my
N
mother
}
V{
A
had not
Vpp
called
}
O{
OBJ
me
}
}
,
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
might
Vr
have
Vr
overslept
}
}
.

もし母が起こしてくれなかったら、寝坊していたかも知れない。(仮定法過去完了)
008SVOO
S{
SUB
I
}
V{
Vpr
wish
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
I
}
V2{
A
had not
Vpp
spent
}
O2{
Adv
so
Adj
much
N
money
}
M2{
Adv
yesterday
}
}
.

昨日あんなにお金を使わなければ良かったのだが。(仮定法過去完了)
 

§255-1-1 : 仮定法の動詞の形 , 仮定法現在(1)

009SVOO
S{
SUB
She
}
V{
Vp
suggested
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
I
}
V2{
Vpr
be
}
C2{
DET
the
N
leader
}
}
.

彼女は私がリーダーになるように提案した。
010SVOO
SC.M{
ConSUB
If
V2{
A
need
Vr
be
}
}
,
MC{
SV{
SUB+A
I’ll
Vr
give
}
OI{
OBJ
you
}
OD{
Adj
some
N
aspirins
}
}
.

必要なら、アスピリンを何錠か出しておきましょう。
★ 慣用句“if need be” は「必要なら」という意味です。
011SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S{
SUB
it
}
V{
Vpr
snow
}
}
,
IS{
O.ProINT
what
V{
A
will
}
S{
DET
the
N
birds
}
V{
Vr
do
}
O{
(omit)
}
}
?

もし雪が降ったら、小鳥たちはどうするのだろう? (直説法現在)
 

§255-1-2 : 仮定法の動詞の形 , 仮定法過去(2)

012SVOO
M{
ConSUB
If
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
were
}
O2{
OBJ
you
}
}
,
S{
SUB
I
}
V{
A
wouldn’t
Vr
worry
}
.

僕だったら、くよくよしないな。(助言)
013SVOO
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
wouldn’t
Vr
do
}
O{
ProDEM
that
}
}
,
SC.M{
ConSUB
if
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
was
}
O2{
OBJ
you
}
}
.

僕だったらそうはしないな。(非標準の形)
014SVOO
1.
S{
SUB
I
}
V{
Vpr
wish
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
were
}
C2{
Adj
dead
}
}
!

2.
S{
SUB
I
}
V{
Vpr
wish
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
was
}
C2{
Adj
dead
}
}
!

1. 2. 死んでしまいたいくらいだ。
015SVOO
MC{
O{
OBJ
I
}
V{
A
wouldn’t
A
be
Vpp
surprised
}
}
SC.M{
ConSUB
if
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
said
}
O2{
ProDEM
so
}
}
.

彼がそう言ったとしても、私は驚かない。(一般の動詞)
 

§255-1-3 : 仮定法の動詞の形 , 仮定法過去完了(3)

016SVOO
S{
SUB
I
}
V{
A
would not
A
have
Vpp
done
}
O{
ProDEM
so
}
M{
ConSUB
if
S2{
SUB
I
}
V2{
A
had
Vpp
known
}
O2{
ProDEM
that
}
}
.

それを知っていたらそんなことをしなかったのに。
017SVOO
S{
SUB
I
}
V{
Vpr
wish
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
I
}
V2{
A
had
Vpp
applied
}
M2{
Pre
for
PreO{
DET
that
N
job
}
}
}
.

あの仕事に申し込んでおけばよかったのに。
 
 



発音の勉強には以下の三冊がお勧めです。
■『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』
発音記号に沿って説明しています。付属の DVD がとてもわかりやすいです。
■『英語口の体操―発音記号のエクササイズ (CDブック)』
英語の発音は日本語とは全く違っています。そもそも口の形や舌の位置など日本語では全く使わない筋肉をつかうような感じです。まずは何が自分に出来ないのかを知るためにもお勧めの一冊です。
■『英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる』
エクササイズと同じように発音学習の本なのですが、こちらでは、音楽CD がついていて繰り返し練習しやすいように工夫されています。同じ英文をただ繰り返すのが苦手な人はぜひこちらを手に取ってください!

広告