[ad] 

B-14 : §264- if の代用

scrapbookDescription

「§264-if の代用・ロイヤル英文法より」

仮定法についての例文をとりあげます。
このサイトは文型・品詞表示に特化しています。英文自体の解説は参考元書籍をご覧ください。
(注意:文型・品詞表示は当サイト独自で行っています。正確でない場合もありますのでご留意ください)

参考元書籍 : ロイヤル英文法 ― 徹底例解
 
 
このサイトの読み方については「始めに」をご覧ください。
暗記のチェック用に英文のみのページと日本語訳のみのページ、
発声練習用に発音記号付きページがありますので、こちらもどうぞ
(発音付きページの英単語はツールチップで簡単な説明も見れます)
目次ページ を作りました。過去記事を順番に見たい方はこちらもどうぞ!
 

§264-1 : if の代用 , (1) 不定詞

001SVCO
1.
MC{
SV{
SUB+A
You’d
Vr
be
}
C{
Adj
crazy
}
}
SC.M{
InfT{
TM
to
Vr
expect
}
InfO{
DET
that
N
kind
}
InfM.AdjP{
Pre
of
PreO{
N
thing
}
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
happen
}
}
}
.

2.
SC.M{
ConSUB
If
S{
SUB
you
}
V{
Vp
were
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
expect
}
InfO{
DET
that
N
kind
}
InfM.AdjP{
Pre
of
PreO{
N
thing
}
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
happen
}
}
}
}
,
MC{
SV{
SUB+A
You’d
Vr
be
}
C{
Adj
crazy
}
}
.

1. 2. そんなことが起こると期待するとは、君はどうかしているぞ。
002SVOO
1.
SC.M{
InfT{
TM
To
Vr
hear
}
InfO{
OBJ
him
}
InfC{
InfR{
Vr
talk
}
}
}
,
MC{
S{
SUB
you
}
V{
A
would
Vr
think
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
was
}
C2{
N
God Almighty
}
}
}
.

2.
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
you
}
V2{
Vp
heard
}
O2{
OBJ
him
}
C2{
InfR{
Vr
talk
}
}
}
,
MC{
S{
SUB
you
}
V{
A
would
Vr
think
}
O{
ConSUB-that
S2{
SUB
he
}
V2{
Vp
was
}
C2{
N
God Almighty
}
}
}
.

1. 2. 彼の話を聞いていると、彼がまるで全能の神のように思えるだろう。
 

§264-2 : if の代用 , (2) 分詞構文

003SVCO
1.
S{
DET
The
Adj
same
N
man
}
,
SC.M{
Ving
living
VingM{
Pre
in
PreO{
DET
this
N
century
}
}
}
,
V{
A
would
Vr
be
}
C{
IND
a
N
hero
}
.

2.
S{
DET
The
Adj
same
N
man
}
,
SC.M{
ConCOO
if
S2{
SUB
he
}
V2{
A
were
Ving
living
}
M2{
Pre
in
PreO{
DET
this
N
century
}
}
}
,
V{
A
would
Vr
be
}
C{
IND
a
N
hero
}
.

1. 2. 同じ男が今世紀に生きていたら、英雄になっていただろう。
004SVOO
1.
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
it
}
V2{
A
had
A
been
Vpp
seen
}
M2{
Pre
at
PreO{
IND
a
N
distance
}
}
}
,
MC{
S{
DET
the
Adj
glass
N
necklace
}
V{
A
might
A
have
Vpp
passed
Pre
for
}
O{
IND
a
Adj
genuine
N
one
}
}
.

2.
SC.M{
Vpp
Seen
VppM{
Pre
at
PreO{
IND
a
N
distance
}
}
}
,
MC{
S{
DET
the
Adj
glass
N
necklace
}
V{
A
might
A
have
Vpp
passed
Pre
for
}
O{
IND
a
Adj
genuine
N
one
}
}
.

少し距離をおいて見ると、そのガラスの首飾りは本物として通りそうだった。
★ 他動詞句“pass for” + O は「(実際はそうでないが) O として通る」の意味です。
 

§264-3 : if の代用 , (3) 副詞(句)

005SVOO
1.
MC{
S{
SUB
I
}
V{
Vp
felt
}
O{
IND
a
Adj
little
N
better
}
}
;
SC.M{
ConAdv
otherwise
S2{
SUB
I
}
V2{
A
would
A
have
Vpp
had to
Vr
go
}
M2{
Pre
to
DET
the
N
doctor
}
}
.

2.
SC.M{
ConSUB
if
S2{
SUB
I
}
V2{
A
had
Adv
not
Vpp
felt
}
O2{
IND
a
Adj
little
N
better
}
}
,
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
would
A
have
Vpp
had to
Vr
go
}
M{
Pre
to
DET
the
N
doctor
}
}
.

1. 2. 少し良くなったが、そうでなかったら医者に行かなくてはならなかっただろう。
006SVOO
SC.M{
Adj
Ten
N
years
Adv
ago
}
,
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
could
A
have
Vpp
run
}
M{
Pre
around
PreO{
DET
this
N
lake
}
}
M{
Pre
within
PreO{
Adj
half
NP{
IND
an
N
hour
}
}
}
}
.

10年まえなら、この湖の周りを30分以内で走れただろう。
007SVOO
SC.M{
Pre
With
PreO{
IND
a
Adj
little
Adj
more
N
care
}
}
,
MC{
S{
SUB
you
}
V{
A+Adv
wouldn’t
Vr
make
}
O{
Adj
such
NP{
IND
a
Adj
silly
N
mistake
}
}
}
.

もう少し注意していたら、君はこんなばかな誤りはしないだろう。
 

§264-4 : if の代用 , (4) 主語の名詞

008SVOO
S{
IND
A
N
man
}
M.AdjP{
Pre
of
PreO{
Adj
common
N
sense
}
}
V{
A
wouldn’t
A
dare
Vr
take
}
O{
N
chances
}
.

常識のある人なら、あえて危険を冒さないだろう。
009SVCO
MC{
S{
SUB
It
}
V{
Vp
was
}
C{
Adv
so
Adj
quiet
}
}
SC.M{
ConSUB
that
O2{
IND
a
N
pin
}
V2{
A
might
A
have
A
been
Vpp
heard
}
C2{
InfT{
TM
to
Vr
drop
}
}
}
.

あまりに静かで、ピンの落ちる音すらも聞こえただろう。
★ 従属節側は 完了形の受動態で 動詞“hear”の第五文型SVOCとなります。
 

§265 : 条件節の省略

010SVOO
S{
SUB
I
}
V{
A
could
Vr
kill
}
O{
OBJ
you
}
M{
Pre
for
PreO{
Ving
saying
GerO{
ProIND
that
}
GerM.AdjP{
Pre
to
PreO{
OBJ
me
}
}
}
}
.

私にそんなことを言うとは、殺してやりたいぐらいだ。
011SVOO
M{
Adv
What
App{
Pre
with
PreO{
N
rain
}
}
ConCOO
and
App{
Pre
with
PreO{
N
hunger
}
}
}
,
S{
SUB
I
}
V{
A
could
A
have
Vpp
wept
}
.

雨やらひもじいやらで、泣きたいくらいだった。
★ 慣用句“what with” + N1 + “and (what with)” + N2 は「N1N2 のため」という意味です。
疑問副詞の “what” は節を導くことと、置き換えで無くなった語が必要です。ここでは両方とも無いため 副詞whatとしました。
012SVOO
S{
App{
N
Kant
}
}
,
App{
DET
the
N
philosopher
}
,
V{
A
would
A
have
Vpp
made
}
O{
IND
a
Adj
good
N
poet
}
.

哲学者カントは(その気があったなら)立派な詩人になっていただろう。
013SVOO
S{
SUB
They
}
V{
Vp
discussed
}
O{
AdvINT
what
S{
SUB
they
}
V{
A
could
A
have
Vpp
done
}
O{
(omit)
}
}
.

彼らはひょっとしたら出来たかも知れないことを議論した。
★ (この英文の疑問副詞“what” はそのまま関係代名詞“what”としても可)
014SXOO
Q.
V{
A
Will
}
S{
SUB
she
}
V{
Vr
come
}
M{
Adv
tonight
}
?

A.
S{
SUB
I
}
V{
A
should
Vr
think
}
O{
Adv
so
}
.

Q. 彼女は今夜来るでしょうか?
A. そう思いますが。(同意)
015SVOO
V{
A
Would
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
like
}
O{
DET
some
Adj
more
N
coffee
}
?

コーヒーをもっといかがですか?(勧誘)
016SVOC
Q.
V{
A
Could
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
do
}
O{
OBJ
me
}
C{
IND
a
N
favor
}
?

A.
SV{
SUB+A
I’d
Vr
be
}
C{
Adv
very
Adj
happy
}
M{
Adv
to
}
.

Q. お願いがあるのですが。
A. なんなりと
 

§266 : 帰結節の省略

017SXOO
SC.M{
ConSUB
If
M2{
Adv
only
}
S2{
SUB
I
}
V2{
Vp
knew
}
O2{
ProIND
that
}
}
!

それを知っていさえすればなぁ。
018SXOO
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
I
}
V2{
A
had
Vpp
confided
}
O2{
ProIND
everything
}
M2{
Pre
to
PreO{
OBJ
you
}
}
}
!

君に何もかも打ち明けていたらなぁ。
019SVOO
1.
V{
A
Could
}
S{
SUB
I
}
V{
Adv
but
Vr
live
}
O{
POS
my
N
life
}
M{
Adv
again
}
!

2.
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
I
}
V2{
A
could
Adv
but
Vr
live
}
O2{
POS
my
N
life
}
M2{
Adv
again
}
}
!

1. 2. 人生のやり直しがきけばなぁ。
★ 副詞“but” ~ は「(“can”の後で) ともかく、ただ(~はできる)」などの意味です。
020SVOO
M{
IJT
Oh
}
,
V{
A
had
}
S{
SUB
I
}
V{
Adv
but
Vr
come
}
M{
Pre
to
PreO{
POS
his
N
help
}
}
M{
Pre
in
PreO{
N
time
}
}
!

あぁ、彼を助けるのに間に合ってさえいたらなぁ。
021SXOO
SC.M{
ConSUB
As if
S{
SUB
you
}
V{
A+Adv
didn’t
Vr
know
}
}
!

知らない振りなんかして。
★ 従属接続詞(句)“as if” + SV は「まるでSVであるかのように、 (seem,lookなどとともに) SV のようだ」などの意味です。
慣用句(縦続接続詞(句))“As if” + SV + ! は「SVなんてことがあるものか!(相手への非難等)」などの意味です。
 
 



発音の勉強には以下の三冊がお勧めです。
■『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』
発音記号に沿って説明しています。付属の DVD がとてもわかりやすいです。
■『英語口の体操―発音記号のエクササイズ (CDブック)』
英語の発音は日本語とは全く違っています。そもそも口の形や舌の位置など日本語では全く使わない筋肉をつかうような感じです。まずは何が自分に出来ないのかを知るためにもお勧めの一冊です。
■『英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる』
エクササイズと同じように発音学習の本なのですが、こちらでは、音楽CD がついていて繰り返し練習しやすいように工夫されています。同じ英文をただ繰り返すのが苦手な人はぜひこちらを手に取ってください!