[ad] 

scrapbookDescription

001SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
John
}
V2{
A
had
Adv
not
Vpp
bought
}
O2{
DET
that
Adj
expensive
N
picture
}
}
,
MC{
S{
SUB
he
}
V{
A
would
Vr
have
}
O{
PreP{
IND
a
N
lot
Pre
of
}
PreO{
N
money
}
M{
Adv
now
}
}
}
.

ジョンがあの高価な絵を買わなかったら、今たくさんお金を持っているだろう。
002SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
Jane
}
V2{
A
had
Adv
not
Vpp
broken
}
O2{
POS
her
N
leg
}
}
,
MC{
S{
SUB
she
}
V{
A
would
A
be
Ving
skiing
}
M{
Adv
here
}
M{
Adv
now
}
}
.

ジェーンが足を骨折しなかったら、今頃ここでスキーをしているだろう。
003SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S2{
N
Mr . Smith
}
V2{
Vp
were
Adv
not
}
C2{
IND
a
Adv
very
Adj
wealthy
N
man
}
}
,
MC{
S{
SUB
he
}
V{
A
could
Adv
not
A
have
Vpp
donated
}
O{
Adj
one
Adj
million
N
dollars
}
M{
Pre
to
PreO{
DET
the
N
Red Cross
}
}
}
.

もしスミス氏が非常な金持ちでなければ、赤十字に100万ドルも寄付できなかっただろう。

scrapbookDescription

001SVOO
SV{
SUB+Vpr
I'm
}
M{
Pre
on
PreO{
DET
the
N
way
}
}
M{
Adv
home
}
.

私は家に帰る途中です。[*1]
"on the way" はこのサイトでは修飾語としています。
002SVCO
S{
POS
My
N
sister
}
V{
Vs
looks
}
C{
Adj
well
}
M{
Adv
today
}
.

私の妹は今日よく見えます。[*1] ("well"は補語)
003SVOO
V{
Vr
Study
}
O{
POS
your
N
textbook
}
M{
Adv
well
}
.

教科書をよく勉強してください。[*1] ("well"は副詞)

scrapbookDescription

001SXOO
MC{
S{
SUB
I
}
V{
A
can
App{
Vr
come
}
}
ConCOO
and
App{
V{
Vr
help
}
O{
OBJ
you
}
M{
Pre
with
PreO{
POS
your
N
work
}
}
}
}
SC.M{
ConSUB
if
V2{
A
need
Vr
be
}
}
.

必要なら、私が来て仕事を手伝ってもよい。(慣用表現)
002SVOO
SC.M{
ConSUB
If
O2{
DET
any
N
person
}
V2{
A
be
Vpp
found
}
C2{
Adj
guilty
}
}
,
MC{
S{
SUB
he
}
V{
A
shall
Vr
have
}
O{
DET
the
N
right
}
M.AdjP{
Pre
of
PreO{
N
appeal
}
}
}
.

何人も有罪の判決を受けた場合は控訴する権利を有する。(法律の文体)
003SVOO
SC.M{
ConSUB
If
s2{
F-SUB
it
}
V2{
Vr
be
}
C2{
Adj
inappropriate
}
S2{
InfT{
TM
to
A
have
Vpp
said
}
InfO{
ProDEM
this
}
}
}
,
MC{
S{
SUB
I
}
V{
Adv
humbly
Vpr
apologize
}
}
.

かく申し上げたことが不適切ならば、謹んでお詫びいたします。(古風な文体)

05/12/2018scrapbookDescription

001SVCO
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
I
}
V2{
Vpr
am
}
C2{
IND
a
N
coward
}
}
,
MC{
S{
SUB
you
}
V{
Vpr
are
}
C{
ProIND
another
}
}
.

もし僕が卑怯者なら、君だってそうだ。
002SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S2{
SUB
you
}
V2{
A
have
TM
to
Vr
do
}
O2{
POS
your
N
room
}
}
,
IS{
M.AdvINT
why
V{
A
don't
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
do
}
O{
OBJ
it
}
M{
(omit)
}
M{
Adv
now
}
}
?

部屋の掃除をしなければならないのなら、いましたらどうなの?
003SVOO
SC.M{
ConSUB
If
S{
SUB
you
}
V{
A
don't
Vr
have
}
O{
ProIND
anything
Adj
more
}
M.AdjP{
InfT{
TM
to
Vr
read
}
}
}
,
MC{
V{
Vr
go
}
M{
Pre
to
PreO{
DET
the
N
library
}
}
}
.

もう読むものが無いのなら、図書館へ行きなさい。

05/12/2018scrapbookDescription

001SVOO
S{
SUB
I
}
V{
A
can't
Vr
sleep
}
M{
ConSUB
because
S2{
POS
my
Adj
next-door
POS
neighbor's
N
TV
}
V2{
Vs
is
}
C2{
Adv
so
Adj
loud
}
}
.

隣りの家(集合住宅等の)のテレビの音が大きくて、眠れないんだ。
002SVOO
MC{
S{
POS
My
N
mother
}
V{
Vp
called
}
O{
OBJ
me
}
}
,
SC.M{
ConSUB
so
S2{
SUB
I
}
V2{
A
did not
Vr
oversleep
}
}
.

母が起こしてくれたので、寝坊しなかった。
003SVCO
1.
V{
A
Will
}
S{
N
two
Adv
o'clock
}
V{
Vr
be
}
C{
Adj
all
N
right
}
?

2.
S{
SUB
Two
}
V{
A
will
Vr
be
}
C{
Adj
just
N
fine
}
M.AdjP{
Pre
with
PreO{
O{
OBJ
me
}
}
}
.

1. 2時なら大丈夫でしょうか?
2. 2時ならちょうど好都合です。(約束)

04/12/2018scrapbookDescription

001SVOO
V{
Vr
Calm
Adv
down
}
.

落ち着いて。(なだめ)
★ 自動詞句"calm down" は「(人・動物・風・騒ぎなどが)静まる、静かになる」などの意味です。
002SVOO
V{
Vr
Look
Adv
out !
}

気をつけろ! (警告)
★ 自動詞句"look out" は「外を見る。(普通は命令文で、危険・間違いなどに)気をつける、注意する」などの意味です。
003SVOO
1.
V{
Vr
Wait
}
M{
IND
a
N
minute
}
.

2.
V{
Vr
Wait
}
M{
IND
a
N
moment
}
.

1. ちょっと待て。(指示・おもに米)
2. ちょっと待て。(指示・おもに英)

scrapbookDescription

001SVOO
1.
S{
SUB
She
}
V{
Vs
has
}
O{
IND
a
N
boyfriend
}
.

2.
S{
DET
The
N
boyfriend
}
V{
A
can
Vr
speak
}
O{
N
French
}
.

3.
S{
SUB
She
}
V{
Vs
has
}
O{
IND
a
N
boyfriend
}
M.AdjC{
S2.ProREL
who
V2{
A
can
Vr
speak
}
O2{
N
French
}
}
.

(p014)1. 彼女には、彼氏がいます。
2. 彼氏は、フランス語を話せます。
3. 彼女には、フランス語を話せる彼氏がいます。
002SVOO
1.
S{
SUB
We
}
V{
Vp
decided
}
O{
InfT{
TM
to
Vr
employ
}
InfO{
DET
the
N
woman
}
}
,
M.AdjP{
S2.ProREL
who
V2{
Vp
spoke
}
O2{
Adj
good
N
English
}
}
.

2.
MC{
S{
SUB
We
}
V{
Vp
decided
}
O{
InfT{
TM
to
Vr
employ
}
InfO{
DET
the
N
woman
}
}
}
,
SC.M{
ConSUB
since
S2{
SUB
she
}
V2{
Vp
spoke
}
O2{
Adj
good
N
English
}
}
.

(p016)1. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
2. 我々はその女性を雇用することにしたが、(それは)その女性が英語が達者だったからである。
003SVCO
S{
SUB
All
}
M.AdjC{
O2.ProREL
that
S2{
DET
the
N
people
}
M2.AdjP{
Pre
in
PreO{
N
Iraq
}
}
V2{
Vpr
want
}
O2{
ANTE
}
}
V{
Vs
is
}
C{
N
peace
ConCOO
and
N
security
}
.

(p017) イラクの人々が欲しているのは、ただ平和と安定だけだ。
イラクの人々が欲しい全てのものは平和と安定である(直訳)

05/12/2018scrapbookDescription

001SVOO
V{
Vpr
Sit
}
M{
Adv
there
}
.

そこに座りなさい。
002SVOO
1.
IS{
M.AdvINT
When
V{
A
will
}
S{
SUB
you
}
V{
Vr
go
}
M{
Adv
there
}
M{
(omit)
}
}
?

2.
S{
SUB
You
}
V{
A
will
Vr
go
}
M{
Adv
there
}
M{
Pre
at
PreO{
N
two
}
}
.

1. あなたは いつ そこへ行く つもり なのか?
2. 私は2時に其処に行く積もりです。
(考察) 例文 1.when が疑問代名詞でも関係代名詞でも関係副詞でも、ましてや従属接続詞でも無い理由は?
従属接続詞では無い理由として、"when" + SV の形にはなっていないことです。
ですが、間接疑問文は "when" + SV の形になります。ここでは、従属接続詞は「従節」を作る、つまり節が二つ無いのでこの例文の when は従属接続詞ではないという言い方も出来ると思います。
関係代名詞でも関係副詞でも無い理由は「先行詞が無いから」という一点に尽きます。そして、関係詞節は形容詞節を作り先行詞や主節を修飾しますし、あるいは同格節をつくり同格語の説明を追加したりしますが、こちらも修飾する相手か説明をする相手が必要になります。そしてこの例文ではそれらはありません。(以降省略)
(参考)
今日(2018/11/28)より、文型マーカーとして (IS){ ~ } を追加しました。
これで「疑問詞よって導かれる疑問文」という説明に準じた記載になります(どうして三年間もこれに気付かなかったのでしょう?)。
この例文の when が疑問代名詞ではなく、疑問副詞である理由として、例文 1. の一番最後の (omit) に注目して下さい。
疑問詞は、平叙文(肯定文)のときに書かれている 問い合わせたい語句 を疑問副詞に変えて先頭に移動します。
ここでは「時間」を問うわけですが、英語では時間を表す場合 at 時間 のように書き表します。
疑問副詞はこの前置詞 at を意味的に含んでいますが、疑問代名詞は前置を含みません。
例えば "When will you go there at?" という文であれば、この when は疑問代名詞ということになるわけです。
003SVOO
SV{
SUB+A
We'll
Vr
get
}
M{
Adv
there
}
M{
Pre
before
PreO{
N
dark
}
}
.

そこへは暗くなる前に着くでしょう。
★ この例文では、修飾語M{ ~ } がふたつ並んでいます(副詞と副詞句になります)。
修飾語は動詞(ここでは get) を修飾しますので、この例文では
(1) "get there" 「そこに着く」
(2) "get before dark" 「暗くなる前に着く」
という二つの文がひとつになっていると考えます。
日本語では 修飾語は被修飾語(ここでは述語動詞)の前にあれば どこに置いても良いことになっていますので、
(1)→(2) で「そこに暗くなる前に着く」でも
(2)→(1) で「暗くなる前にそこに着く」でもどちらの翻訳でも正解となります。
※ 同じ重みの 副詞や副詞節 が複数並んでいる場合は、このような手順で良さそうです。
慣用句や言い回しなどで、伴った節/副詞/形容詞等を決まった順番に解釈していかなくてはいけないパターンもあり、この場合はそれぞれのルールを覚える必要がありますので、こちらも注意してください。